2017年06月17日

三考塾


明日の勉強会の為、東京に来ています。




高山宏世先生の金匱要略解説
西巻先生の素問解説
佐々木先生の漢方診療の実践

盛りだくさんです。




今日は六本木で泊まっています。なかなか観光は出来ませんが夜景は楽しんでいます(*^_^*)  


Posted by すいれん堂薬局 at 22:41勉強会

2017年06月12日

勉強会 梅雨の養生

週末は、京都で勉強会でした。

食養は、「梅雨」まさに今の季節です。

関西も梅雨に入りましたが、今日は梅雨の晴れ間ですね。

この時期、身体に湿邪が入り、しんどくなったり、頭が重かったり、
体が痛くなったり、胃腸炎になったりしやすいです。

なるべく体に要らない水が、溜まらないようにしなければなりません。

お食事では
、利尿作用のある食べ物(玄米、ハト麦、小豆、黒豆、大豆、緑豆、春雨、キュウリ、とうもろこし
ワサビ、スイカなど)

あと香辛料をとり、
油っこいものを避ける、甘いものも控える、ジュースや水分をとりすぎない。

皆さん、気を付けてくださいね。

処方は、白虎加人参湯を勉強しました。




この処方は、熱中症などで高熱、
煩渇(ものすごく喉のかわくこと)をおこしたときなどにつかいます。


生薬は、白虎加人参湯に入っている知母という生薬です。
このお薬は鎮痛性消炎薬、利尿薬として使われます。

白虎加人参湯は梅雨が明けて、暑くなると薬局ではよくでるお薬です。

皆様体調には気をつけてくださいね。  


Posted by すいれん堂薬局 at 13:56季節の話勉強会

2017年06月09日

梅酒


先日、今年の梅酒を漬けてみました。

今年は、贅沢にブランデーと蜂蜜で漬けました。

三ヶ月ぐらいで、頂けると思うとワクワクします。



枇杷の種もブランデーで漬けてみました。

枇杷の種子にはアミグダリンが沢山含まれています。なので生で食べたりすると中毒を起こすので、気をつけないといけません。

焼酎で漬けて一年ぐらいで飲めるようになります。

枇杷の葉は、漢方でも使います。咳止めや痰切り、健胃などの作用があります。
方剤には杷葉湯や杷葉止嘔湯があります。

枇杷の葉もお灸に使ったり、お風呂に入れたりと結構使い勝手がありますよ。

『ビワの葉自然療法』望月研著 東城百合子監修の本にも色々な使い方が紹介されていますよ。



このお着物も頂いたものです。春の単衣(ひとえ)です。着物を着ると背中がシャキッとしますね(*^_^*)

皆様、感染性胃腸炎ふえているので、梅干しや梅肉エキスを食べて、必要以上に水分摂り過ぎないでくださいね。
胃液が薄まると殺菌作用が落ちますよ〜。


  


Posted by すいれん堂薬局 at 13:55食品

2017年06月03日

酵素ジュース


最近、ミネラルたっぷりのお水を使う様になり、その水で作った酵素ジュースが美味しいとの事なので早速、林檎の酵素ジュースを作ってみました。

三ヶ月は熟成させないといけないので、待ち遠しいです(*^_^*)

人間に関わる酵素は

①消化酵素 食物を消化する酵素
②代謝酵素 運動、呼吸、脳の思考、ウイルスと戦う、肌の新陳代謝などあらゆるところで働く酵素です。
③食物酵素 食物が持っている酵素

消化酵素と代謝酵素は体の中にある潜在酵素なので、どちらかが増えるとどちらかが減るのです。

なので暴飲暴食すると消化酵素が沢山使われ、代謝酵素が減るのです。
そうすると体は代謝酵素が減るので、疲れたり病気の回復が遅れたりします。

それを助けるために、食物酵素をとってあげると消化酵素の無駄遣いが減るのです。

消化酵素が節約されれば、代謝酵素に余裕ができて病気や怪我の回復だけでなく肌の調子が良くなったり、代謝を促進してダイエットにつながったりします。

この酵素ジュースにはミネラルも沢山入っているので、ミネラル不足も解消されます。

ミネラルたっぷりのお水には、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、硫黄、アルミニウム、マンガン、チタン、リン、ケイ素、クロム、亜鉛、銅、フッ素、バナジウム、コバルト、リチウム、モリブデン、ゲルマニウム、塩化物イオン、ルビジウム、セリウム、ホウ素、ニオブ、ジルコニウム、ランタン、ガリウム、ニッケルなど

人の体には、ミネラルが不可欠です、なのでお水を少量飲むだけでミネラルが取れますよ。

お店では、お客様のお茶や煎じ薬を煮出す時に使っています。


  


Posted by すいれん堂薬局 at 16:45食品

2017年05月22日

お着物

お客様に頂いたお着物で今日はお仕事です。
暑いですが、帯を締めるせいか汗は思ったほどかきませんよ。
背筋も伸び姿勢も良くなるので、着物はいいですね(*^_^*)

真夏並みの暑さに、体調崩していませんか?
こういう時は、消化の良いもの食べて胃を休ませてあげてくださいね。

  


Posted by すいれん堂薬局 at 14:49生活

2017年05月08日

開局3周年

皆様、5月8日ですいれん堂薬局は3周年を迎えます。

開局以来、無事にこれたのは皆様のおかげと深く感謝しております。

これからも、一生懸命勉強する所存ですので、これからもよろしくお願いいたします。  


Posted by すいれん堂薬局 at 10:00薬局

2017年05月07日

金刀比羅宮

このゴールデンウイークに金刀比羅宮参ってきました。




御本宮は785段の階段を上ったところにあり

結構苦しかったです。途中心臓ばくばくになり、何回も休憩しました。

後から知ったのですが、御本宮のまだ上に奥社があり

そこまで行こうと思ったら1368段登るのです。

今の体力では無理です。

途中の500段には資生堂パーラーがありました。

ゴールデンウイーク中なので予約の方のみでした。残念

讃岐うどんは、灸まんうどんさんで頂きました。
麺はコシがあり、天ぷらも美味したったですよ。




帰り道に、高松の栗林公園に寄りました。
とても綺麗なお庭です。





栗林公園の中に讃岐民芸館があり、そこで讃岐小麦についての掲示板に小麦について書いてありました。


『和漢三才図会』に『讃州丸亀産な小麦を上とする』
と書かれていたそうです。

和漢三才図会は江戸中期、1713年に大阪の医師
であった寺島良安が編集した図説百科事典で105巻81冊からなります。

明の王圻の『三才図会』に倣って、和漢古今にわたる事物を天文、人倫、土地、山水など天、人、地の3部105部門に分け、図、漢名、和名などをあげて漢文で解説しています。
小麦こ項は103巻『穀類』なっています。

こんな所で、漢方に出会うとは思わなかったです(*^_^*)

漢方では小麦は水面に浮くものがよくで浮小麦といいます。
薬理作用は止汗、養心安心、鎮静、抗利尿作用があります。

江戸時代から、讃岐はいい小麦がとれ、美味しいうどんを作っていたんですね(*^_^*)









  


Posted by すいれん堂薬局 at 18:19遊び

2017年05月02日

ゴールデンウイークのお休み

明日からゴールデンウイークですね。

すいれん堂薬局は3日から7日までお休みします。

ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。

此の所、暑かったり寒かったりするので、体調管理には気をつけてください。
今は春の土用に入ってるので、胃腸に負担をかけないように消化の良いものを食べ、よく噛んで食べるようにしてください。

食中毒予防に、梅肉エキスがいいですよ(*^_^*)



  


Posted by すいれん堂薬局 at 18:20薬局

2017年04月19日

お味噌作り

今日は、勉強会で一緒の京都の薬局さんで、お味噌を作って来ました。

お味噌作りは初めてなのでドキドキ

前の日から水につけてあった大豆に、麹と酵素のお塩とミネラルバランスのいいお水を入れて混ぜました。

毎日もんでいくと、一ヶ月ぐらいで食べれるそうです。楽しみです



やはり口に入るものの基本、水、塩は大切ですね  


Posted by すいれん堂薬局 at 21:14食品

2017年04月03日

蘭香


『蘭香』


ミックススパイス香辛料は中国や欧米では、肉類の臭気を取り去り、

腐敗を防ぎ、消化を良くし、美味に、しかも所謂肉食の害を消すために大切に扱われています。

香辛料を使うと体が中から温まり、また体の働きを整えると言われています。

蘭香をお使いになり、風味よく食を温め、健康を保ってください。   

2100円(0,8g✖️45)

  


Posted by すいれん堂薬局 at 21:18食品